ご意見・ご要望 
ご意見・ご要望の解決のための仕組みについて
保育という仕事は人と人との関係だけに、職員の不手際や対応が悪いと感情的になられたり、不愉快に思われたりする方もいらっしゃると思います。
子どもを育てることは、両者が忌憚なく話し合えることがとても重要だと思っています。お気づきのこと、不愉快なこと、改善してほしいことがございましたら、何なりとお申し出ください。
なお、当保育園では、このようなご意見を戴くとき従来どおり職員の誰でもご意見を賜りますが、一応、担当者と責任者をそれぞれ設けました。
また、担当者と責任者の段階でもご納得いかない方は、当保育園と第三者の関係にあります「第三者委員」を設置しましたのでご相談ください。
※相談解決の結果(改善事項)は口頭もしくは文書で責任者よりご報告申し上げます。
※以上の仕組みで解決できないご意見・ご要望は佐賀県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることもできます。

佐賀県福祉サービス運営適正化委員会の連絡先
TEL:0952-23-2151 FAX:0952-23-2152

〈苦情解決責任者〉
園長久賀 永雄
〈苦情解決受付担当者〉
主任保育士伊藤 惠里子
〈苦情解決第三者委員〉
元主任児童委員内山 恵子
主任児童委員吉村 悦子
第三者委員の役割について
ご意見・ご要望の受付担当者との話し合いだけで納得いかない場合には、第三者の立場にある「第三者委員」が話し合いに立ち会い、 必要な助言をいたします。
第三者委員の職務
  • ○ご意見・ご要望への立ち会い・助言
  • ○ご意見・ご要望への直接受付
  • ○相談内容を受けた旨の保護者(当事者)への通知
  • ○責任者よりご意見・ご要望の改善状況について報告を受け、また保育所の日常的な状況を把握します。
第三者委員の立ち会いによる話し合いの方法
  • ○第三者委員によるご意見・ご要望の内容の確認
  • ○第三者委員による解決案の調整・助言
  • ○話し合いの結果や改善事項などの確認
※第三者委員の立ち会い・助言が必要な際には、受付担当者にその旨をお申しつけ下さい。
ご意見・ご要望(苦情)解決結果
当園が平成30年4月1日から平成31年3月31日までに受け付けたご意見・ご要望(苦情)及び解決結果について公表します。
※第三者委員の立ち会い・助言が必要な際には、受付担当者にその旨をお申しつけ下さい。
◇ご意見・ご要望の内容
【保護者より(電話)】娘が同じクラスの男児から下着の中に手を入れられるなどの行為を何度も受けているようだ。担任はどうして気づかないのか。しっかり見ていないのではないか。
◆解決結果 担任はスカートの中に手を入れる行為は目撃しており、すぐに注意をしていたようだが、その他は把握しきれておらず、保護者宅に伺い、父親が不在であったため母親に謝罪。後日、登園の為に来園されていた両親に副園長(園長は出張で不在)・主任保育士・担任が謝罪。その際、保護者の思いを十分に伺い、管理不行き届きであったことを深く反省し、女児の心のケア、再発防止に向け取り組んでいくことをお伝えし、ご理解いただいた。また相手の男児の保護者にも事実を報告し、家庭での指導も要請した。
◇ご意見・ご要望の内容
【保護者より(メール)】登園時、外の掃除を行っていた保育士の挨拶の声が小さく、笑顔もなかった。子どもにも挨拶がなく不愉快に感じた。
◆解決結果 保育士に確認をすると挨拶はしたが保護者に聞こえなかったのかもとの回答。笑顔ではっきりと挨拶をするようにと園長から指導。当該保育士より保護者に直接謝罪し、今後このようなことがないように努めていくことを話す。職員会議を開き日頃から笑顔で、大きな声で、わかりやすく挨拶をしていくことを確認。
◇ご意見・ご要望の内容
【保護者より(電話)】左耳にあざがあり担任より耳を引っ張られたと言っているが、そこまでして怒らないといけないのか。
◆解決結果 当該保育士は怒ったことは認めるが、耳を引っ張った件については否定。園児宅に園長・主任保育士・当該保育士で訪ね、引っ張った事実はないが不快な思いを与えたことを謝罪。保護者より一人一人の子どもに目を向け、気をつけてもらいたいとの要望があった。
◇ご意見・ご要望の内容
【保護者より(電話)】育児講座時の駐車場整理をしていた保育士の対応が悪く、「子どもを預かってやっている」というような態度が見受けられた。
◆解決結果 当該保育士に確認したが本人は否定。園長より保護者に電話をし、対応が悪いと感じられた点を謝罪し、今後気を付けていくことを伝える。保護者よりも「あの時は気が立っていました。すみません」と謝罪の言葉をいただいた。
ご意見・ご要望・お問合せ
ご意見・ご要望はフォームから気軽にご連絡ください。
TEL:0955-56-8385