ご意見・ご要望 
ご意見・ご要望の解決のための仕組みについて
保育という仕事は人と人との関係だけに、職員の不手際や対応が悪いと感情的になられたり、不愉快に思われたりする方もいらっしゃると思います。
子どもを育てることは、両者が忌憚なく話し合えることがとても重要だと思っています。お気づきのこと、不愉快なこと、改善してほしいことがございましたら、何なりとお申し出ください。
なお、当保育園では、このようなご意見を戴くとき従来どおり職員の誰でもご意見を賜りますが、一応、担当者と責任者をそれぞれ設けました。
また、担当者と責任者の段階でもご納得いかない方は、当保育園と第三者の関係にあります「第三者委員」を設置しましたのでご相談ください。
※相談解決の結果(改善事項)は口頭もしくは文書で責任者よりご報告申し上げます。
※以上の仕組みで解決できないご意見・ご要望は佐賀県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に申し立てることもできます。

佐賀県福祉サービス運営適正化委員会の連絡先
TEL:0952-23-2151 FAX:0952-23-2152

〈苦情解決責任者〉
園長久賀 永雄
〈苦情解決受付担当者〉
主任保育士佐伯みどり
〈苦情解決第三者委員〉
元主任児童委員内山 恵子
主任児童委員吉村 悦子
第三者委員の役割について
ご意見・ご要望の受付担当者との話し合いだけで納得いかない場合には、第三者の立場にある「第三者委員」が話し合いに立ち会い、 必要な助言をいたします。
第三者委員の職務
  • ○ご意見・ご要望への立ち会い・助言
  • ○ご意見・ご要望への直接受付
  • ○相談内容を受けた旨の保護者(当事者)への通知
  • ○責任者よりご意見・ご要望の改善状況について報告を受け、また保育所の日常的な状況を把握します。
第三者委員の立ち会いによる話し合いの方法
  • ○第三者委員によるご意見・ご要望の内容の確認
  • ○第三者委員による解決案の調整・助言
  • ○話し合いの結果や改善事項などの確認
※第三者委員の立ち会い・助言が必要な際には、受付担当者にその旨をお申しつけ下さい。
ご意見・ご要望(苦情)解決結果
当園が平成29年4月1日から平成30年3月31日までに受け付けたご意見・ご要望(苦情)及び解決結果について公表します。
※第三者委員の立ち会い・助言が必要な際には、受付担当者にその旨をお申しつけ下さい。
◇ご意見・ご要望の内容
メールにて匿名で、「保育士の対応や態度で、目が合っても挨拶が無い、人によって態度を変える、電話の応対もよくない。保育士として、社会人として、子どもの見本となるような対応をしてほしい。」と要望があった。
◆解決結果
この件について職員会議をおこない、指摘をされた保育士はもちろん、全職員いつも明るい挨拶などの対応に努め、保育の質の向上を図っていくことを申し合わせました。匿名での投稿であったため、保育園玄関ホールに掲示板を設置し、この件の経過説明並びにお詫びと対応を記載した文書を約1週間掲示しました。
◇ご意見・ご要望の内容
メールにて匿名で、「保育説明に記載されているおやつの時間より前に登園しているのだが、日によっては既におやつの最中や終わっている時もあり、子供が食べられない時もあり可哀想だ。早く食べる日があるなら事前に伝えて欲しいし、出来ることなら時間を決めていただきたい。」とご意見をいただいた。
◆解決結果
クラス名が書いてなくおそらく2歳児のクラスでの事だと思われるが、3~5歳児の園児が参加対象の朝の集会(週2回開催)に、年度末になると通常は参加しない2歳児クラスも進級準備の為おやつの時間を早めて参加するようになり、その事を保護者へ確実に周知していなかった事が原因と思われます。クラスの前にお集まり参加とおやつの時間のことを記した貼り紙をし、通常の保育と違うことを行う場合は必ず保護者に説明をして納得していただくようにすることを確認し、匿名での投稿であったため、保育園玄関ホールに掲示板を設置し、この件の経過説明並びにお詫びと対応を記載した文書を約1週間掲示しました。
ご意見・ご要望・お問合せ
ご意見・ご要望はフォームから気軽にご連絡ください。
TEL:0955-56-8385